消費者金融の審査について

MENU

消費者金融の審査のケーススタディ

私はカードローンの新たな借入を考えているのですが、すでに消費差金融から2件、銀行から1件の仮り入れがあります。消費者金融に申し込んだら審査に通るでしょうか?

 

消費者金融は審査が早く即日融資も可能なので利用する方も多いですね。
すでに借入先が3件ということですが、借入残高はどれほどでしょうか?借入残高によっては消費者金融からは借りれない可能性もあります。

 

消費者金融は総量規制の対象

消費者金融やクレジット会社は貸金業者なので総量規制の対象になっています。総量規制というのは貸金業者は消費者に対してその年収の3分の1までの貸し付けしかしてはいけないというルールのことです。この規制があるため、すでに貸金業者からの借入残高が年収の3分の1に達している場合は新たに消費者金融に申し込みをしたとしても審査には通りません。ですから年収300万円で貸金業者からの借入残高がすでに100万円あるなら消費者金融から新たな借り入れはできません。また、同じ年収で借入残高が80万円であれば、新たに消費者金融から借りれるのは20万円だけです。なお、銀行は貸金業者ではないので、銀行のカードローンの借入残高は含まれません。つまり、2社の消費者金融の借入残高が年収の3分の1に達していなければ、審査に通る可能性があります。銀行のカードローンは即日融資ができるところは少ないですが、総量規制の対象ではないので、年収の3分の1を超える金額でも借入も可能です。ただし、やはり借入残高の年収に対するパーセンテージが高ければ審査には不利になります。

 

消費者金融の審査について

一般に消費者金融の審査は銀行カードローンの審査よりも緩いとされています。銀行カードローンの場合、他社借り入れ件数が4件以上あると審査に通るのはかなり難しくなりますが、消費者金融の場合は、4,5件あっても審査に通ることがあります。ただ、借り入れ件数が多いということは各社の限度額が少ないということを意味するので、信用度が下がってしまうので審査のポイントも低くなります。消費者金融は審査が緩く、即日融資なども行っているので、貸し倒れのリスクを考えて金利は銀行カードローンよりも高くなっています。また、消費者金融は、規模が小さくなればなるほど審査は緩くなります。ですから、消費者金融でも大手の場合は、最も審査が厳しくなります。審査の緩い中小規模の消費者金融に申し込むという方法もありますが、ヤミ金も多いので注意が必要です。「多重債務者大歓迎!即日融資!」「審査なし!即日融資!」などと謳っているところは確実にヤミ金ですから絶対に近づかないでください。

 

現在、必要があって新たな借り入れを検討されていると思いますが、できれば1社でも完済して借り入れ件数を減らしてから新たな申し込みをする方が、審査にも有利ですし、経済的にも精神的にもストレスを軽減できると思います。

在籍確認の有無って知らないとその分損しますから、こうやって在籍確認なしという情報を知っているだけでもかなり有効ですよね。

在籍確認なし