キャッシングの存在意義について

MENU

キャッシングの存在意義について

お金を借りれる金融機関はたくさんありますね。銀行、信用金庫、JAバンク、ろうきん、消費者金融、クレジット会社などです。この中で審査が緩いのは消費者金融のカードローンです。

 

消費者金融のカードローンは、銀行などのカードローンの審査に落ちてしまった人の受け皿になっているので、一般に銀行のカードローンよりも審査は緩くなっています。規模が小さくなればなるほど審査は緩めになる傾向があります。中には審査の緩さをアピールしている消費者金融もありますが、これはヤミ金である場合も多いので注意が必要ですね。「無職でもお金を借りれる」「ブラックOK!即日融資」などという広告は無職の人や金融ブラックになっていてどこからもお金を借りれない人にとっては魅力的ですが、このような業者とかかわると状況はさらにひどくなりますので、注意してくださいね。

 

消費者金融のカードローンのもう一つの特徴は、即日融資が可能という点です。仮審査に通って本審査の結果がでるまで最短30分というところも少なくありません。午後の2時半とか3時までに手続きが済めば即日借り入れが可能になっています。本審査では、在籍確認がありますので、残念ながら無職でもお金を借りれるというわけにはいきません。例外は、無職の専業主婦で、この場合は配偶者に安定継続した収入があれば契約ができます。このことと関連していますが、消費者金融のカードローンの特徴は、総量規制の対象だという点です。

 

総量規制というのは、貸金業者が守らなければいけないルールで、貸金業者は、借入申し込み者の年収の3分の1までの金額しか貸してはいけないことになっています。すでに他の貸金業者からの借入残高が年収の3分の1に達している場合は申し込んでも審査に通りません。ちなみに銀行など預貯金も扱っている金融機関は貸金業者ではないので、総量規制対象外です。消費者金融の場合、総量規制があるので、仕事がなく収入が0円の人は申し込んでも当然審査には通りません。無職でもお金を借りれるというわけにはいかないわけです。ね

 

そのほかの消費者金融の特徴としては、銀行などのカードローンと比べると金利が高めという点を挙げることができます。審査が緩い分貸し倒れのリスクが高まるので、前もって金利を高く設定して、損失があった場合の穴埋めとするわけです。金利が高いので、借り入れをする時には十分返済シミュレーションをする必要があります。返済能力の範囲内で、必要最低限のお金を借りるようにしましょう。

 


在籍確認の有無って知らないとその分損しますから、こうやって在籍確認なしという情報を知っているだけでもかなり有効ですよね。

在籍確認なし